調査から計画、測量、設計を通じて
安全で住みやすい街づくりに貢献

iso

ISO9001:2015(品質マネジメントシステム)

当社では,2003年11月に「ISO9001:2000」を取得し、本年は9001:2008の第4回認証更新を済ませております。
これからも多様化する顧客の皆様のニーズに的確・迅速にお応えできるように、常に高品質の技術・サービスの提供に努めてまいります。

会社概要

登録番号 C2015-01563
登録年月日 2015年11月26日
有効期限 2018年9月14日
登録範囲 ①設計:一般土木、農業土木、都市計画等
②測量:公共測量等
③補償:土地調査、物件調査、営業補償、事業損失等
登録審査機関 ペリージョンソン レジストラー  定期審査 1回/年

品質方針

時代の顧客ニーズを的確に把握し、経済性、安定性、自然環境との調和、ITとの融合及び倫理観に即した技術の確立を目指す“知識集団”として、常に、業務の効率化・資質の向上を図り、顧客の満足と地域社会の発展に貢献致します。

ISOとは?

ISOとは、本部はスイスのジュネーブにおき、「International Organization for Standardization」の略称で、「国際標準化機構」と呼ばれ、民間主導型の非政府組織です。
設立の目的は、貿易が活発化している今日において各国との取引を円滑にし、生活の利便性を図るための標準化(規格 ・基準などの制定)を行なうことです。
ISO規格は製品やサービスの品質、性能、安全性、寸法、用語等幅広い分野が対象になっています。
国際標準の代表的なものに、企業や団体などのあらゆる組織の品質保証体制を規格した「ISO9000シリーズ」や環境マネジメントを目的とした「ISO14001」等があります。
日本は日本工業規格(JIS)の調査・審議を行なっている日本工業標準調査会(JISC)が日本の代表組織として、1952年にISOに加入しました。

ISO9000シリーズとは?

1987年にISOによって制定された品質保証活動に係る「品質マネジメントシステム(Quality Management System:QMS)」に関する国際規格であり、製品そのものでなく企業や組織の生産活動、サービス活動及びその管理(品質保証体制等)についての要求事項を規定しています。
「顧客が期待する品質レベルに適合した製品やサービスを確実に提供できるシステムの稼動保証」がその本質であり、品質管理・品質保証が国際標準を満たしているかどうかを、独立した第三者機関(審査登録機関)が審査し判定します。適合の認定を受けた企業は、定期審査(1回/年、又は2回/年)により、品質マネジメントシステムの維持管理状況をフォローアップされます。

ISOに期待するもの

当社がISO9001を取得し、このシステムに期待している効果としては、

  • Plan Do Check Actionの円滑な活動により品質が向上しミスが減る。
  • 顧客満足度を測定、管理し、それを品質に反映させる。
  • 従業員の品質意識、会社の信用が高まり、会社が発展する。
  • 文書類が整備され、最新の情報・技術伝承が文書で出来るようになる。
  • 責任と権限が明確になる。

など業務上の多方面において様々な効果を期待しています。

当社は公共事業、民間事業の委託業務を通して、PDCAのローテーション・継続的改善により、軽微、重大なミス(不適合)を抑制し、顧客からの信用と満足を得ることが重要であると考えています。
OJTやOFF-JTなどの教育訓練、資格取得等にも力を入れ、更なる技術・知識の発展にも努めています。

PDCA